県政報告

過去の記事

  • 2015年
2015年 1月
岐阜県家庭教育支援条例を議員提案で制定

市議当時から大きな課題と考えてきた家庭内での子どもの教育。3月議会の一般質問、先進地調査、
会派内での議論などを経て、議員提案により12月議会で条例を制定できました。
今後、この条例を活かして参ります。


▲家庭教育支援条例
多治見にナースバンク設置へ

看護師不足の解消に向けて、6月議会の一般質問で3項目を提案。
その中で、ナースバンク(看護師の再就職紹介所)の拠点設置が実現へ。
本年4月に多治見に設置され、東濃の潜在看護師の再就職等を促進します。


▲夜間看護の視察(多治見市民病院)
東濃に行政中枢機能のバックアップ施設誘致を

12月議会で「岐阜県リニア中央新幹線活用戦略における行政中枢機能のバックアップ施設誘致等について」
知事に質問。国土強靭化の観点から、国に貢献する思いを持って、今後も取り組んでいきます。


▲12月議会で知事に質問
企画経済委員長として

5月に県議会企画経済委員長に選出頂きました。「地方創生」「中小企業支援」「地場産業支援」など
12項目を知事に要望。また「県内特有の企業」「御嵩町亜炭鉱」「東濃地科学センター」等の
視察調査を行いました。


▲企画経済委員会の視察で現場体験
本年4月に統一地方選挙

本年4月には統一地方選挙が執行されます。岐阜県議会議員選挙(4月3日告示、12日投票)、
多治見市長選挙及び多治見市議会議員選挙(4月19日告示、26日投票)など、
全国的に地方選挙が行なわれます。


▲公認証を受領
スマートフォン版で見る